Linux

 さて、CentOS8の突然の余命1年宣言への対応としてCentOS8-Streamへの移行を行った訳だが、そうなるとほかのところにもそういったリスクのあるものを使っていないかと振り返ってみたところ、凄いのがいた。

 その名もMySQL。centos8から標準リポジトリに返り咲いた為、何も考えずに使用していたが、mysqlを取り巻く環境は厳しい。
 そもそもOracleによる買収というのがとびきりのリスクで、フリー使用できるRDBとしての前途はほぼ闇に閉ざされているといってもいい感じすらある(Oracleがどのような思いであれ、営利企業の経営判断次第で無償では無くなる可能性は排除できないし、そもそも製品として開発が継続され続ける保証すらない)
 というわけで、この際こちらも対応。mariadbに移行しましょうと。

No tags for this post.

Linux

 業務で大量のサーバの更改をしている中でメールサーバにspf+DKIM+DMARCを適用していてふと思い出す。
 実は本サーバをCentOS8からCentOS8 Streamに変更した際にメール周りに未解決の問題があったことを。
 内容としてはsmtpd_relay_restrictionsにcheck_policy_service unix:private/policyを記載しているとメール受信ができなくなると言うモノだった。
 当時は凄く急いでいたので問題の設定をコメントアウトしてやり過ごしていた。
 なお、理由は単純で、SPF判定用のモジュールであるpypolicyd-spfのインストール忘れだった。業務用のサーバにSPFチェックを仕込む際にふと気がついた。なんというミス。

No tags for this post.