艦これ

 139周。実のところ、これまで堀にかかった回数というのは択捉の90回オーバーというものはあったものの、多くの場合はそれほど苦戦することなく終えられており、所々から響く怨嗟の叫びなどどこ吹く風という面があった。
 しかし、実際に100周を超えるような出撃を繰り返すことになると心がささくれ立って叫ぶどころではなくなる。正直、叫びをあげられる提督諸氏のメンタルの強きことよ・・・
 とはいえ、報酬の関係で甲難度にさっさと見切りをつけて乙で掘り続け、掘ることに嫌気がさしたついでに戦力ゲージを破壊し、それでも退屈が積み重なったらE-3のギミックを解除したりボスに爆雷をお見舞いしたりしながら出撃を続けることを139周(ただし、何回か明らかに記録をミスった出撃があるため、実際には140周を軽く超えているはず)でどうにかお迎えすることができた。

 全出撃記録を出すのは冗長なので、集計した出撃統計を・・・
  全出撃回数:139回
  S勝利数:124回
  途中撤退数:12回(全部Hマス)
  S勝利からのガシャン率:33.1%(41/124)
  ドロップ艦情報(86艦):
    6回:祥鳳
    5回:時雨・長月・文月・摩耶・陸奥
    4回:五十鈴・菊月
    3回:伊勢・北上・五月雨・利根・飛鷹・福江
    2回:卯月・木曾・白露・多摩・鳥海・那珂・羽黒・睦月
    1回:迅鯨・石垣・如月・球磨・隼鷹・神通・川内・名取・八丈・妙高・村雨・山風・夕立

 ・・・・・・・・・ガシャン率1/3・・・・

 出撃艦隊の紹介。
 まずは最短距離で集積地を燃やす構成。
 100回を超える回数出撃を繰り返した文字通りの主力艦隊。
 Hマスを超えてしまえばほぼS勝利確定という戦果面の確実性と出撃コストの安さが特徴だが、代償として1出撃当たり平均2~4バケツをコンスタントに消費する。
 なお、以後の艦隊についても第一、第二の旗艦については疲労度が上がらないの利用して固定編成としている。
 ちなみに、第一艦隊旗艦の神鷹だが、前海域でドロップした艦をそのまま採用。あともう少しで改装レベルというところまで成長しているのはご愛敬。

 次が、Pマス襲撃用の構成。
 Mマス周回は短時間で終わるために出撃ごとに疲労抜きが必要であり、同一艦隊の連続出撃が難しい。
 対抗策としてもう1セット同一の艦隊を仕立て上げてローテーションすることも考えられるが、カミ車や戦車大発のストックが3セット分なのと上陸装備が装備できる艦を多くは使えないという判断からドロップ報告のあったPマスを目指す構成。
 空襲戦が若干鬼門だが、それを抜けるとあとはほぼ楽勝。
 出撃コストについてはMマスよりも若干増えるものの、バケツの消費が非常に少ないことが特徴。軽空母中心の編成のため燃料弾薬については大きく増加しないが、やはりボーキサイトの消費がかさむ。
 なお、この艦隊にいる初月はE-2海域ボスを攻略中にドロップした艦をそのまま投入している。

艦これ

 やってまいりました2020年梅雨&夏イベント。
 様子見とかそういうのいいのでとりあえず突撃。

 前半の輸送作戦は上のような構成でちまちまと出撃して攻略。輸送効率よりも道中の安定性をとった結果、5隻構成となる最短よりも遠回りなルートを選択。

 で、戦力ゲージは上のような構成。とりあえず先制雷撃2、先制対潜2。
 深雪の探照灯はラスダンのみで削り時は電探、その代わりポーラの電探が零観になっていた。
 基本的には順調に進んでいたものの、思いのほか硬いボスにラストダンスを3回ほどダメだしされるも決戦支援で取り巻きを吹き飛ばしてどうにか勝利。

 甲報酬の対潜噴進砲と・・・

 薄雲をゲット。そのほか、攻略中にドロップした珍しい艦は・・

 このあたりか。あと、占守もドロップしたっけ。
 さて、次はさっそく掘りポイント!!!!!